LINE 無料相談 ご予約は
コチラ
電話番号0433829668

建設業許可を取るとどんなメリットがあるの?

建設業許可を取るとどんなメリットがあるの?

建設業を営む上で、必ずしも許可がなければならないということはありません。

1件の請負代金が税込500万円未満であれば、許可を取得することなく経営していくことはできます。

コンプライアンス(法令順守)は最近、大手企業はもちろん中小の企業までも意識する時代になりました。

特に下請けをされている企業は「元請け」から取るように言われたとか、同じ規模で経営されている同業者が取られているということで、1件が500万円未満の場合でも取りたいと希望されます。

建設業許可を取るとどんなメリットがあるかを解説いたします。

1、大きな工事の施工が可能となる

2、発注者、元請け、金融機関からの信用度が上がる

3、会社を経営、技術、財務の3つの面を強化する可能性がる

1、大きな工事の施工が可能となる

1件の請負代金が税込500万円以上の工事を請ける建設業者は、建設業許可を取得しなければなりません。

これは法人、個人事業主、元請、下請けを問わずに適用され、建設業許可が必要となります。

確かに500万円未満の仕事のみであれば許可はいりませんが、大きい工事を請けるチャンスがあったときに、許可を取得していなければチャンスを逃してしまうことになります。

これからの会社の発展を考えれば許可を取得し、大きなチャンスを逃さないようにするべきです。

可能性がある以上、受注可能性の整備のためにも許可を取得することをお勧め致します。

2、発注者、元請け、金融機関からの信用度が上がる

建設業許可を取得することは、様々な要件をクリアするということです。

対外的には、一定の要件をクリアした業者だと国から認められたといえます。

それは許可業者であるあなたの会社の経営、技術、管理において不安はないということになります。

事業の発注者、元請け業者、金融機関側から見れば、どのように見えるかです。

安心、信頼は許可を受けていない業者より、許可を受けた業者の方が断然違いが出ます。

3、会社を経営、技術、財務の3つの面を強化する可能性がる

建設業許可の取得するには、経営面、技術面、財務面での条件をクリアする必要があります。

建設業許可を取得するためには、一定の基準に会社をしなければなりません。

これにより国が認める経営、技術、財務を強化することにつながります。

許可を取得することで、適正で一定の水準の体質を持つ企業となることができます。

コンプライアンスが重要視されている中で、法令を守り経営している企業のみが生き残り、発展していくのは明らかです。

御社の発展のためには許可の取得が一つの条件となります。

私たちとともに建設業許可を取得しましょう。

電話番号0433829668